Material detail

Outline

保健の科学
OH:Health care. OH:The health care
杏林書院
00183342
Volume - Pub. Date
2023/09/01

Status Information

Detail

Title 保健の科学 OH:Health care. OH:The health care
Volume - Vol. No. Vol.65 No.9
Volume - Years of Serial 2023.9
Volume - Pub. Date 2023/09/01
Volume - Page 577-648p
Volume - Feature Article 小児がん患者/経験者・家族が安心して生活を送るために
Frequency
9
Publisher 杏林書院
Registration No. 400030537
Volume - Shelf Code
006 カウンター横雑誌架(雑誌)
Contents Note 1 巻頭のことば ●患者とともに進めるチーム医療 / 草間 朋子(東京医療保健大学名誉教授)
Contents Note 2 <特集> 小児がん患者/経験者・家族が安心して生活を送るために ◆小児がんを取り巻く状況 / 松本 公一(国立成育医療研究センター小児がんセンターセンター長)◆小児がんの家族看護の重要性 ―子ども・家族の治療時期に応じた支援― / 小林 京子(聖路加国際大学大学院看護学研究科小児看護学教授)◆小児がんの子どもの家族向け情報サイトや必要な社会資源 / 鈴木 彩(国立成育医療研究センター 医療連携・患者支援センター ソーシャルワーカー)◆新型コロナウイルス感染症を含む感染症と小児がん / 寺田 和樹(いなげ未来クリニック院長,成田赤十字病院小児科)◆抗がん薬の曝露対策 ―抗がん薬治療を受ける子どもと家族が安全に安心して生活を送るために― / 竹之内直子(前京都大学大学院医学研究科博士後期課程)◆小児がん経験者の長期フォローアップと成人移行医療の必要性と課題 / 上別府圭子(国際医療福祉大学大学院家族看護学領域教授)◆小児がんの子どもと家族のアドバンス・ケア・プランニングと在宅ケア / 名古屋祐子(宮城大学看護学群小児看護学領域准教授)
Contents Note 3 <連載> 歯と口の健康を考える―健康でよりよい生活をめざして―■歯の健康と認知症予防 / 島谷 浩幸(堺平成病院・歯科科長)連載 食品・サプリメントと認知機能―効果のエビデンスを探る―■レスベラトロール・NMNと認知機能 / 後藤 隆洋(大阪河﨑リハビリテーション大学リハビリテーション学部リハビリテーション学科教授)
Contents Note 4 <調査・研究>●病院に1年以上勤務する看護師の職務継続意思に関連する支援と成果 ―アウトカムモデルを用いた文献レビュー― / 坂本 貴子(佐賀大学医学部看護学科)/ 福田 広美(大分県立看護科学大学) / 村嶋 幸代(大分県立看護科学大学)●特別養護老人ホーム入所者の睡眠・覚醒リズムに対するアロマセラピーの効果 / 森園 久美(西九州大学看護学部看護学科)/ 田渕 康子(佐賀大学医学部看護学科)/ 室屋 和子(佐賀大学医学部看護学科)/ 武富由美子(佐賀大学医学部看護学科)/ 松永由理子(九州大学大学院医学研究院保健学部門看護学分野)/ 鈴鹿 綾子(日本赤十字九州国際看護大学看護学科)